投稿日:2021年10月20日

造園工事の豆知識

こんにちは!とう美緑化株式会社です。
神奈川県横浜市青葉区を拠点に、神奈川県・東京都内にて造園工事を手掛けております。今回は、造園業にたずさわっていると当たり前のことですが、一般的にはあまり知られていない「豆知識」をピックアップしてご紹介いたします。
「そうなんだ!面白い!」と、弊社業務に興味を持っていただけましたら幸いです。

例えば「支柱」について


「支える柱」と書いて「支柱」とは、何かを支える柱となるものですね。
造園の仕事では、
・傾いた木を支えるため
・風による倒木を防ぐため
に、支柱を施します。
特に移植する際には、スムーズな運搬のために根切りという工程が必要です。
移植先でしっかり根を張るまでは傾きやすく倒れやすい状態になるので、支柱が必要となります。

支柱の種類

木の傾き方や大きさによって、さまざまな支柱があります。

八掛(やつがけ)

1本の木に竹を3本組んで支える支柱

鳥居型(とりいがた)

丸い杭を打ち込む支柱

頬杖(ほおづえ)

杭1本だけで支える支柱
他にも、生垣・一本・布掛・添え柱などの支柱がよく使われます。
どれも名前が興味深いですね。

竹垣について

その手の込んだつくりや見た目の美しさ、そして技術に、「これぞ職人技!」とうならずにいられないのが、竹垣です。
由緒正しいお寺などでもよく見かけますよね。
目隠しや仕切りとして使用されますが、立派に庭園などを演出する舞台道具のような存在です。
生の竹を扱うため、高度な技術が必要とされる竹垣には、施工する時期も重要です。
施工後の竹をよく乾燥させるためには、秋から冬にかけてつくるのが適しているといわれています。
今ではプラスチック製で生の竹に比べると交換の必要がないものも多く使われるようになりました。

【求人】造園工事に興味がある方を募集中!


興味を持つことは人それぞれなので、あなたの「面白そう!」という気持ちは大切にしたいと弊社では考えます。
なんでも何か興味をひかれるポイントがあってこその選択です。
ぜひ、造園の世界に飛び込んでみませんか?
初めての方には、先輩スタッフが一から丁寧にお教えいたします。
経験者は能力に応じて優遇いたします。
働きやすい環境を整えて皆さまからのご応募をお待ちしておりますので、ぜひお気軽に採用情報ページよりご応募ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

とう美緑化株式会社
〒225-0004 神奈川県横浜市青葉区元石川町7421
TEL:045-507-6706 FAX:045-905-1662


関連記事

新しい仲間を募集中!

新しい仲間を募集中!

こんにちは!横浜市青葉区のとう美緑化株式会社です。 弊社は、神奈川県・東京都にて造園工事を行っており …

働きやすい職場で造園工事に携わりませんか?

働きやすい職場で造園工事に携わりませんか…

こんにちは!横浜市青葉区のとう美緑化株式会社です。 弊社は、神奈川県・東京都にて造園工事を行っており …

植物が好きな方歓迎します!現在スタッフ募集中!

植物が好きな方歓迎します!現在スタッフ募…

こんにちは!神奈川県横浜市青葉区のとう美緑化株式会社です。 弊社は、神奈川県や東京都などで造園工事を …

お問い合わせ  採用情報