投稿日:2023年12月8日

気になる!造園業の面接に臨む際の服装とは

こんにちは!神奈川県横浜市に拠点を構えて、緑地管理などの造園業に勤しんでおりますとう美緑化株式会社です。
造園業の面接に臨む際には、どのような服装が望ましいのでしょうか。
そこで今回は、造園業の面接に臨む際の服装について解説いたします。
造園業の現場で働きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

規定がなければ私服でもOK

腕・造園
造園業の面接に臨む際の服装は、規定がなければ私服でも問題ありません。
近年では、ビジネスカジュアルが浸透傾向にあります。
そのため建設業や造園業など以外でも、面接時の服装を規定していない企業も増加しています。
そうしたことから、造園業においても服装の規定がなければ私服でもOKとなるのです。
ただし面接時の服装は、性別に関係なく清潔感のある服装を意識することが大事です。
髪型や足元に加えて、男性であれば髭の手入れをして、女性は華美なメイクやネイルを避けることが鉄則となります。
また、私服でも良い場合であってもあまりにラフ過ぎる服装はNGです。

スーツの規定があればスーツ着用

面接時にスーツの規定があるなら、スーツを着用していきましょう。
その際には、スーツやシャツ、ネクタイなど全体的に派手なデザインや色味があるものを避けます。
そして、落ち着いた色合いである黒や紺でまとめることが大事です。
もしまだスーツを持っていないというなら、早めに用意しておくことが必要となります。
造園業の面接において、スーツの規定がある場合にはそれに従いスーツを着ていくことが賢明です。

管理職・営業職はスーツが望ましい

面接に臨む際の服装としては、管理職や営業職はスーツが望ましいです。
職人として就職するのなら、作業着で面接を受けることも許される範囲かもしれません。
同業種に転職をする場合には、現場での作業後に面接を受けるケースもあるからです。
とはいえ、全ての企業が作業着での面接を許容しているわけではないでしょう。
そのため、前もって応募先の企業に服装に関して確認することがベストです。
また造園業の中でも、管理職や営業職の人もいるものです。
管理職あるいは営業職で造園業に応募する場合は、仕事内容もありスーツで面接を受けることが無難となります。

【求人】現場作業員として働くスタッフを募集

リクルート・赤T
とう美緑化株式会社では、現場作業員として働く新規スタッフを募集中です。
弊社は、年齢や学歴を一切不問としております。
また経験も問わないため、未経験者と経験者の両方ともご応募いただけます。
横浜市青葉区で造園業にご興味のある方は、ぜひ弊社にご応募ください。
意欲のある方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

とう美緑化株式会社
〒225-0004 神奈川県横浜市青葉区元石川町7421
TEL:045-507-6706 FAX:045-905-1662


関連記事

移植工事

移植工事

移植工事を行ないました。 移植工事 移植工事とは? 移植工事とは、その名の通り、樹木を別の場所に移植 …

【求人】美しい緑を守る仕事に携わってみませんか?

【求人】美しい緑を守る仕事に携わってみま…

神奈川県横浜市を拠点に造園工事業を営むとう美緑化株式会社では、ただいま新規スタッフを募集しております …

【求人募集】長期勤務に最適♪働きやすさ抜群!

【求人募集】長期勤務に最適♪働きやすさ抜…

こんにちは!横浜市青葉区のとう美緑化株式会社です。 弊社は、神奈川県・東京都にて造園工事を行っており …

お問い合わせ  採用情報